職場に好きな男性ができた女性は、相手の男性が「自分のことをどう思っているのか」が気になって仕方がないことでしょう。

そんな時は多くの記事で書かれているように、

「よく目が合う」「変化にすぐ気付く」といった行動・態度の有無で脈ありなのか脈無しなのかを判断できます。

しかし、これらの行動や態度で判断できるのは、相手の男性が自分と同期である場合のみ。相手の男性が上司や年下の後輩にあたる場合、置かれている立場が自分と異なりますので、一般的に脈ありサインと言われている行動や態度では、脈ありなのかどうかを判断できません。

そこで本記事では相手の男性が上司、または後輩である場合に100%脈ありだと判断できる脈ありサインについてご紹介していきます。

また、女性から職場の男性の脈ありを確かめる方法や飲み会でわかる脈ありサインについてもお伝えしますので、社内恋愛を成就させたい女性はぜひ参考にしてくださいね。

職場の上司の脈ありサインはここでわかる

まずは、上司が部下に対して好意を持っている時に見せる脈ありサインについて、2つご紹介していきます。

自分に対してだけ甘い

仕事をしていると、時には業務でミスをしてしまったり、進捗が芳しくなかったりする場面もありますよね。

そんな時には当然上司から叱られてしまいますが、他の部下がミスした時よりも明らかに口調が柔らかい場合は、あなたに好意を寄せていると見て間違いありません。

なぜ自分に対してだけ甘いのか、それは「あなたに嫌われたくない」という心理を抱いているからこそ。

そんな心理を抱くのは好きな相手に対してのみですので、脈ありだと判断しましょう。

彼氏が居るのかを確かめようとしてくる

一昔前とは異なり、昨今では「彼氏居るの?」と尋ねることはセクハラに該当してしまいます。

そのため、ほとんどの上司はこういったリスクを避けようと、恋愛に関する質問はしないように意識しているものです。

 それにも関わらず、彼氏が居るのかどうかを確かめようとしてくるのは、単なる興味や話題のネタではなく、「本当に知りたい」と思っているからこそ。

そこまで彼氏の有無が気になるのは、「本気で相手のことが好きだから」という理由以外にありませんので、「彼氏居るの?」の質問は脈ありだと判断できます。

 しかし、セクハラに対する意識が低い男性は平気で尋ねてきますので、普段の言動と照らし合わせて判断する必要があるでしょう。

職場の年下男性の脈ありサインはここでわかる

続いて、年下男性から見られる脈ありサインについてご紹介していきます。

特にあなたが上司にあたる場合、部下は上司に好かれようと行動するのが普通ですので、「一見脈ありに見えても勘違いだった」ということが少なくありません。

そのため、脈ありなのかどうかはご紹介するサインが見られるかどうかで、判断するようにしてくださいね。

プライベートな内容のLINEを送ってくる

年下男性から仕事に全く関係がないプライベートな内容のLINEが送られてきたら、それは脈ありの可能性が非常に高いです。

いくら「先輩に好かれたら会社での立場が有利になる」と考えている打算的な男性でも、余暇を割いてまでは行動しません。業務外でもやり取りしていたいというのは、それだけ「あなたと繋がっていたい」と考えているからですので、好意があることは明らかです。

しかし、脈ありだと判断していいのは、相手からLINEが送られてきた場合のみ。自分から送った場合、後輩はLINEに付き合わざるを得ないため、ただラリーが続いているからといってそれだけで脈ありだと判断しないようにしてくださいね。

不快にならない程度にイジってくる

上手なイジリは相手との距離を縮められる手段になるため、多くの男性は好意がある女性に対して会話の中でイジリます。

そのため、不快にならない程度にイジってくるだけでも十分脈ありだといえるのですが、職場の後輩がイジってきた場合はさらに脈ありの可能性が高まります。なぜなら、恋愛感情がない先輩に対して、不快にさせる可能性がある行動は間違ってもしようとはしないから。

万が一、イジることによって先輩に嫌われてしまった場合、社内での自分の場が危うくなってしまうため、普段から女性をイジっているような男性でもさすがに先輩に対してはできません。

リスクを踏まえた上で自分との距離を縮めようとイジってくるのは、強い好意があるからこそなせる行動ですので、脈ありだと判断しましょう。

女性から職場の男性の脈ありを確かめる方法

上記の脈ありサインに当てはまらなかったからといって、それだけで脈無しという訳ではありません。職場では意識的に恋愛感情を隠そうとする男性も多いので、彼から脈ありサインを発信してくれないことも多いでしょう。

そんな時には自分から行動することで、気になる彼が脈ありなのかどうかを判断できます。一体どのような行動を取ればいいのか、脈ありを確かめる方法を2つご紹介しますのでぜひ試してみてください。

他の男性社員と仲良く会話してみて、その時の視線を確認する

人間誰しも好きな相手が他の異性と仲良く会話をしていたら、嫉妬心からその様子をジッと見つめてしまうもの。

その特徴を利用して、休憩中などに他の男性社員と楽しそうに会話してみて、彼の視線がどこに向いているのかを確認することで脈ありかどうかを判断しましょう。その際に、自分もしくは会話をしている男性社員に視線が向いていたら、「楽しそうだけど、どんな会話をしているんだろう」と気にしており、脈ありの可能性が高いです。

一方、自分のほうを見向きもしてくれない場合は、残念ながら現段階では脈無しだと判断しましょう。

できる限り近づいてみて反応を確認する

人間には他人がある一定以上の距離に近づくと不快感を覚える、パーソナルスペースなるものが心理学で存在します。

これは親密度によって距離が異なり、相手と親しければ親しいほどパーソナルスペースは狭くなっていくというもの。この心理を利用して、相手に近づいた際に「自分との距離を離そうとするか維持しようとするか」を確認することで、相手の脈ありサインを確認できます。

具体的な数字を挙げると相手から120cm以内の空間に入り、相手が距離を維持しようとした場合は脈あり、距離を離そうとしたらただの同僚だと思われていると判断するようにしましょう。

これだけ近づくのはさすがに難しいと思われるかもしれませんが、資料を渡す時・自分のパソコン画面を見てもらう時などに近づくようにすれば、違和感ありません。

職場の飲み会でわかる脈ありサインはこれ

会社に勤めていると歓迎会や送別会、忘年会や決起集会など度々会社主催の飲み会が開催されますよね。

そんな飲み会の場でこそ見られる脈ありサインもありますので、社内に気になる男性が居る女性はこちらもチェックしてみましょう。

飲み会の度に近くに座る

男性にとって飲み会は好きな女性と距離を近づけられる、またとないチャンス。

そんなチャンスを逃さまいと、ほとんどの男性は気になる女性に近い席を選んで座ろうとします。

そのため、飲み会が開催される度に自分と近い席に座っており、積極的に会話しようとしてくる様子が見られれば、自分に対して特別な感情を抱いていることは間違いありません。

軽くボディタッチをしてくる

誰だって「好きな相手に触れたい」と考えるものですが、「嫌われたらどうしよう」「セクハラだと思われないかな」という心理から、触れたくても触れられないのが男性です。

しかし、飲み会の席でお酒が入ると多少なりとも行動が大胆になってしまうため、衝動的にボディタッチをしてしまいがち。

そのため、普段は一切ボディタッチなんてしてこないのに、飲み会の場だけボディタッチをしてくる男性は、普段は我慢しつつも本当は「あなたに触れたい」という考えをもっているのでしょう。

そんな考えを抱くのは本当に好きな女性に対してのみですので、脈ありの可能性が高いといえます。

100%当たる!職場の男性の脈ありサインのまとめ

本記事では、対上司・対年下男性・飲み会の場など様々な状況別に脈ありサインをご紹介してきました。

立場が異なることで、一般的に言われている脈ありサインは信用できなくなってしまうものの、上司や後輩だからこそ見られる脈ありサインもありますので、見極めることは難しくありません。

気になる男性に脈ありサインが見られれば勇気を出してアプローチをし、脈ありサインが見られなければ彼に好意を持ってもらえるよう、仕事をこなしつつ自分磨きにも励んでいきましょう。

おすすめの記事