やりすぎ注意!?駆け引きの下心が見えると男は萎える

ID-10077436

駆け引きの下心が見えると男は萎える

好きな人が出来て振り向いてもらいたいと思った時に使うモテテクや、男心を揺さぶる駆け引きのテクニック。でも、効果的な場合もあれば「あれ、これワザとこういうことしてるのか。」と思われると男の「この子いいかも?」がグッと萎える場合があります。では、どういう時にこれは駆け引きだと思われるのでしょうか。

1.モテ自慢

彼の気を引きたくて他の男からアプローチされてるっていう作戦を練る人もいるでしょう。しかしこれはやり過ぎは逆効果。また、男友達がたくさんいる女性はそういうつもりがなくてもついつい他の男の存在をアピールしてると思われます。肉食系の男だったら、「よし、俺もがんばって彼女を落とそう。」と思うかもしれませんが、そうでない場合は、「俺じゃなくてもいいんじゃない。」とか、「ちょっとあの人は自意識過剰なんじゃないか。」と思われて敬遠されてしまいます。

2.なんでも「してほしい」と頼む

男の人は役に立つことで、達成感を覚えたりするものですし、かわいく甘えた方が良いっていうこともよく本などで見かけますが、「~してもらいたい。」「~してほしい。」というのは相手にとって負担になることもあります。

特に付き合った後ならば問題ありませんが、付き合う前だと構ってほしいとか、気遣ってほしいとか自分の気を引こうとしてワザとそうしているという駆け引きが透けて見えると男の方の気持ちは冷めてしまいます。

3.あえて返信を遅らせる

どう考えてもその時間に返信できたり、SNSを更新していたりしているのに、急に未読にされるとか、既読スルーをされ始めたりすると「あれ、これは駆け引きをされているのか?」と男も疑いはじめてしまいます。

相手も自分のことを好きでいるなっていう確信が持てる時なら効果的なこの駆け引きも、まだ相手の気持ちがそこまでアナタに対して盛り上がりを見せていないのにやってしまうと、何様なんだろうと思われて相手の気持ちもトーンダウンしてしまいます。

なんだかんだ言って素直な反応とそうでない対応っていうのは見分けられてしまいます。特に経験値のある男性や、人の気持ちによく気が付くことのできる男性には駆け引きは逆効果でしょう。

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。