片想いの諦め時って?

片想いの諦め時

どんなに思っても全然成就する見込みのない片想いは、初めの方こそ楽しいけれどもあまりに好きな人から冷たい態度をとられたりすると、悲しい気分になります。別に好きなら片想いを続けたって良いと思うのですが、アラサー世代で誰かと結婚したいと思っているような女性にとっては、片想いをしている男性1人に縛られて貴重な時間がドンドンと過ぎ去ってしまうのはもったいないことです。

でも、好きな気持ちは、諦めたくてもどうしようもない時もありますよね。では、片思いの諦め時はいつが良いのでしょうか?

彼が結婚した時

あなたと彼がどんなに仲良くしていたとしても、彼には他に本命がいてしかも結婚までしたということは、彼にはそもそもあなたを選ぶ気がなかったとしか言えません。もし、彼が彼女の存在を隠していたとしたらなおさらそんな男性はどうなの?と思ってしまいます。

どうしても諦められない場合は彼が結婚してしまってからも、片想いを続けても良いですが、そうすることで何かアナタに良いことがあるのでしょうか?別にあなたがどうしても彼が良いというのなら、諦めなくても良いですが、トラブルの元にもなりますし、ここは諦め時と思って、あなたの事を幸せにしようと思ってくれる男性との新しい恋を探しても良いのではないかと思います。

出会ってから何年も経っている時

出会ってから何年も経ってしまっている場合、お互いに関係を進展させるタイミングを失ってしまった状況ではないでしょうか。男性としてはそのままの関係が居心地が良いから、敢えてその関係を壊すのが怖いのかもしてません。あなたとしてはどうでしょうか?もし今のままの状態を保ちたいのであれば、片思いは諦めて友人として付き合っていくことを選ぶということもできます。また、どうしても踏ん切りがつかないのであれば告白をして、決着をつけるということもできます。

彼が他の誰かと付き合った時

片想い中の彼が他の人と付き合ったときは片想いの諦め時ではないでしょうか。彼にとってあなたは恋愛対象ではなかったということです。別れるのを待つという手もありますが、いつ別れるかもわからないし、彼と彼女のラブラブな話を聞くのも辛いでしょうし、諦めるにはいいタイミングではないかと思います。

アプローチしても全く反応が薄い時

好きというアプローチをしても、反応が薄かったりなんとなく避けられていると感じる時は、片想いを諦めても良いかもしれません。男性は女性との争い事や詰められるのが嫌いな人が多いので、なんとなく気がないということや、誰かと付き合うつもりがないということを察して欲しいのです。また「一生の友達でいたい。」

彼から音信不通にされた時

連絡しても全然返事が来なくなって、あなたと彼が全くコミュニケーションを取れなくなったら、片想いの諦め時かもしれません。だって、どうやっても今後彼と会うことが叶わないのですから。

もしかしたら、数年後に連絡してみたら彼があなたのことを覚えていて再会することもあるかもしれません。でも、あなたはその数年を返事が来ない彼だけを待って生活できるでしょうか?おそらく難しいと思います。そのため、彼から音信不通にされた場合は一時退却という意味でも片想いの諦め時ではないでしょうか?

追いかけることに飽きた時

あなたが彼を追いかけるのに飽きた時、これは片想いの諦め時です。今まではラインが来たら嬉しくてドキドキしてたのに、片想いの彼から連絡が来ても返信する内容が思いつかなかったり、何とかして話題を続けようという気が起きなくなって、疲れた、飽きたなっと思ってきた場合、それは片想いの諦め時でしょう。だって、もうそれは、そこまで彼のことが好きじゃないということですから!

あなたのことを好きな人が現れた時

あなたの事を好きだと言ってくる人や、付き合いたいといってきた人が現れた時は諦め時に丁度良いのではないでしょうか。その時は片想い中の彼の事を忘れるために付き合ったとしても、その新しい人がすごくいい人だったりしたら女の子は後々好きになるということもありますから、今の片想いは忘れてしまうでしょう。

他の女の子と一緒の姿をみても何も感じない時

彼が他の女の子と仲良さそうに話をしていたり、元カノの話をしたとき、以前だったらやきもちを妬いていたけれど、何だか特に何も感じないぞ?っと言う時は片想いの諦め時で、「次の恋に進む準備が出来たよ。」とあなたの心が訴えかけているのかもしれません。

叶わない片思いを叶えたたった1つの方法

好きな人には付き合っている彼女がいました

諦めなくてはいけないと思っていても
好きすぎて諦めることができない
そんな時にこのタロットで運命が変わりました

自分の運命を変えたい方はコチラ

今までいろいろな恋愛をしてきたアラサー独身。片想いや恋愛に悩む人と少しでも悩みを共有しつつ、世の悩める女性の役にたてたら嬉しいです。自身の恋愛の備忘録としても執筆中。