片思い成就のためには彼のペースに合わせることが大事

ID-100194908

片思い成就にせっかちはダメ

なんにでも一生懸命で、白か黒かをはっきりさせたいタイプの女の子や、物事を合理的に進められて仕事も出来るようなバリキャリ女子、普段からなんでも10分前行動が基本のような真面目な女の子は、片思いを成就させることに関してもスムーズに事が運ばないとモヤモヤして恋のせっかち女子へと早変わりしてしまう人が多いようです。

しかし、片思いでも、その先付き合うことになったとしても、自分だけの一人相撲ではなく相手があることなので、相手のペースというものも考えることが片思い成就への近道なんです。

自分の気持ちを優先させすぎていませんか?

恋のせっかち女子は自分が好きになったら自分の気持ちばかりにフォーカスしてしまう傾向があります。自分の中に生まれてくる彼との関係性に対するモヤモヤ感を自分だけの中に閉じ込めていられないんですね。そのため酔っ払い過ぎて失態したり、彼がどうしようか迷っている時に自分をゴリ押ししたり、好きじゃないならもう会わない!と極端な選択を迫ってみたりして、うっかり自爆をしてしまいがちです。

人それぞれ心地よいペースト言うのが存在します。片思い中の男性にももちろん彼が心地よいペースというのが存在しています。だから、自分の気持ちを優先させすぎて、彼の現状や気持ちを置いてきぼりにしてしまうと、片思い成就が遠のくので注意しましょう。

押してダメなら引いてみる…古典的ですがやはりそうやって片思いの相手はどのような人で、どういう距離感が好きなのかをちゃんと見極めていくことも片思い成就には大切なことだと思います。

かといって我慢ばかりしてしまっても片思い成就できない

恋のせっかち女子は自分の状況や気持ちを優先する傾向があってそうやって生きてきているので、相手に合わせた方がいいよっと言われるとどうすれば良いのかわからずに極端に自分が我慢してしまう場合があります。泳ぎ方がわからないのに泳げと言われても困りますよね。でもせっかち女子は泳げないのに海に飛び込むような一か八かの傾向があります。この辺も白黒はっきりさせたいとか、早く結果を出したいという少し極端な性格が表れているんです。

結局、どうしたら良いのかわからないまま、急に片思いの相手の言うことを鵜呑みにしてしまったり、相手に合わせすぎてしまって、「こんな人だったっけ?」とそれまでの貴方の良さが消えたと周囲から思われたりします。あなたの良さを出すことが出来ないことも片思い成就から遠のきます。

覚えておいてほしいのは、気を使って我慢している状況っていうのは、逆にその相手を傷つけることでもあるんです。例えばあなたの大事な友人が、自分のためにいつも我慢して合わせてくれているのを知ったらどう思うでしょうか?傷つくし、申し訳ない気持ちになってしまいますよね。

片思いの彼に対しても同じで、アナタが我慢して彼に好かれようとしているのを彼が知ったら申し訳ない気分になってしまうと思います。また、アナタが我慢しているというのに気づかない男性の場合には、この子はいつも合わせてきてばかりでつまらないと思われたり、この子は自分のことが好きそうだから大丈夫だという間違った自信を与えてしまうことにもなりかねません。我慢することは片思いの彼にとってもあなたにとってもいい結果を生まないことがほとんどだと思います。

大事なのはバランスとギャップ

白か黒か、好きか嫌いかをはっきりさせたい恋のせっかち女子にとって、自分の気持ちと相手の気持ちを汲みながらバランスをとるというのは苦行かもしれません。しかしそれが出来るようになったとき、あなたは1歩も2歩も成長しているはずです。また、周囲との人間関係も変わってくるのではないでしょうか。

もし、せっかちなのは治せない!どうしてもすぐに決着をつけなきゃ気が済まない!という状況や気分になったときは、それを一気にさらけ出すのではなく小出しにしてみるとか、言い方を変えたりしてみてください。せっかち女子は男性からは女性らしいというよりサバサバとした少年みたいに見られることもありますので、言い方に気を付けたり、少し工夫をすることで、意外と女性らしいじゃないか!というギャップに変わることがあります。

片思いの彼とは旧知の仲だというならまだしも、知り合って日が浅いときはせっかちに結果をせかされると萎えてしまう男性がいます。特に最近の男性はのんびり自分の世界を大事にしますので、そういう傾向が強いです。相手の心地よいペースに合わせつつ、たまにギャップでそのペースを乱して彼の気になる存在になることができれば、片思い成就も目の前です。

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。