元彼が忘れられない時に彼のことを気にせず前進するには?

ID-100299391

元彼が忘れられない時に前進するためには?

元彼がすごく自分のタイプの人だったとか、別れてからも元彼ともう一度会って話がしたいと思ったり、元彼が忘れられずにスッキリとしない毎日を送っていませんか?今回は元彼の思い出に縛られずに前進するために必要な4つのことを紹介します。

しばらくは1人で寂しさを乗り越えること

1人暮らしをしている場合などは、夜寝る前や週末の暇な時間に別れた元彼のことを思い出してとても寂しい気分になったり、もうダメだ…というネガティブな気分に陥ることがあるかもしれません。そういう場合に、友達を誘って思い切り愚痴や辛い気持ちを吐き出すこともストレスの発散になったり、自分を冷静な気持ちにさせるのに一役買うかもしれませんが、家に帰ってきて一人になればまた寂しい気持ちが戻ってくるのではないでしょうか。

寂しいときに自分は寂しんだという感情を感じきることも大事です。だから、元彼のことを思い出してしまって寂しくて死にそうだと思ったときには、ひたすら寂しい気持ちを感じて涙を流してみてください。泣くという行為はストレスを発散させるのにとても役に立ちます。人は緊張している時は涙を我慢出来てしまうので、リラックスしている時にしか泣けないんです。涙が出るということはそれだけ気分をリラックスさせることに役立っているということで、涙を数分流しただけで1週間分のストレスがなくなるという研究結果もあるくらいです。

また一人で寂しさを乗り越えるということは、それだけ自分自身と向き合うことにもなりますので、何か他のもので自分の気持ちをごまかして毎日をやり過ごすよりも、本当の自分の気持ちや感情と向き合って成長できるきっかけでもあります。

元彼の嫌だったところを思い出す

別れるからには理由がありますよね。なんとなくずっと一緒にいるには不安だと思った部分や、自分には合わないと思ったところなど嫌だったところを思い返してみてください。別れてしばらく経つと、元彼の良いところばかりが記憶に残ってしまう場合もあります。彼はこんな時に優しかったとか、こんなところが良いところだったとか思い返しているうちは、新しい出会いがあってもその時の記憶と比べてしまって次に進めないこともあるので、嫌だったところを思い返して、やっぱり彼じゃないっと自分の気持ちを整理させることも大事です。

振られた本当の理由を聞いてみる

突然振られてしまった場合など、何で急に振られたのかわからなくて困惑すると思います。例えば彼が貴方に対して嫌な部分があったとか、他に好きな人がいたとか彼の都合で貴方と別れたいと思った場合でも、無駄に争いたくない男性は本当のことを言わない可能性のが高いので、彼が言った別れの原因をそのまま鵜呑みににしない方がいいかもしれません。もし本当の理由が聞きたければ、彼との未来はもういらないという覚悟で、今後の恋愛に生かしていきたいから何が原因だったのか教えてほしいなど、冷静な状態で腹を割って話すことをお勧めします。男同士のコミュニケーションというのは率直なものが多いので、ストレートに聞いたら案外ストレートに教えてくれるものです。

忘れるのは無理だと諦める

元彼のことを忘れよう忘れようとするほどに、思いが強くなってしまって逆に忘れることが困難になることがあります。忘れようと頑張らなくても、完全に彼と連絡をとらなくなって日にちが経ってしまえば自然と辛いという思いも、彼がどんな人だったかと言う記憶も薄れてくるものです。

別れた初めの方は出会ったときは良かったとか、あの時みたいに戻れたらいいのにと思うこともあるかもしれません。しかし、壊れてしまったものは完全に元の状態に戻すことが難しく、人は毎日変化します。どうがんばっても前と同じ状況に戻ることはありません。忘れようとがんばるよりは、自分を労わってあげて、リラックスした気持ちで毎日を過ごすことにしてください。

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。