重い女といわれるのを卒業する方法

好きな人ができたり、彼氏ができたりすると、できる限り一緒の時間を過ごしたいものですよね。たしかに、同じ時間を共有することで、相手への新しい発見や気づきが出てくるため、なるべく会う時間を作ろうとすることは大切です。

しかし、「彼に会いたいな」が「彼に会わなければならない」という義務感のような気持ちに変わったとしたら、要注意です。

このようになってしまうと、彼としてもあなたに会うことが苦痛になってしまうこともあるでしょう。今回は、重い女といわれるのを卒業する方法について、ご紹介します。 

もしかして私って重い女!?恋愛依存の特徴とは

「彼と片時も離れずにいたい」、「いつでも連絡を取り合っていたい」など恋をしている女性から、このような言葉を聞いたことはありませんか?そして、あなた自身も疑うことなく、この気持ちに共感してはいないでしょうか?たしかに、恋をすると心はウキウキし、彼のことばかり考えていたいという思いは自然なことです。

しかし、大好きな彼と言っても、四六時中一緒に居ることができるわけには行きません。あなたにはあなたの生活があるように、彼には彼の生活があります。

その境界線さえ忘れてしまい、彼からメールの返信が来なかったり、休みの日に他の用事で会えなかったりすると、感情が激しくかき乱されてしまったり、彼を問い詰め、責めてしまう状態になってはいないでしょうか?彼とあなたは、別の人間のはずなのに、あたかも同じ人物のように一体化してしまっているとしたら、恋愛依存に陥っているのかもしれません。

重い女のLINEの特徴とは

最近では、好きな人との連絡の手段として、LINEを使っている方は多いかと思います。アプリをダウンロードしさえすれば、無料でいくらでも連絡を取り合えますし、相手がメールを読むと「既読」の文字が入るので、ちゃんと相手に届いたんだなという安心感も生まれます。

しかし、いつでもどこでも連絡を取り合える状態であるからこそ、相手がアクションを起こしてこないとイライラする原因にもなってしまいます。そして、恋愛依存気味の女性は、彼と繋がっていないことに我慢ができないことが多いため、次のような行動を起こしてしまいがちです。

  • ・LINE読んでくれた?と何回も尋ねてしまう
  • ・既読の文字が付いているけれど、なんで返信くれないの?と繰り返し聞く
  • ・本題とは関係ないメールやスタンプを何度も送る
  • ・返信が待ちきれず、何度も電話をしてしまう

このようなことをされてしまうと、彼はいつも自分の行動を監視されているように感じてしまいます。

また、自分の時間さえも自由に使えない気になり、束縛をされていると捉えることもあり得ます。1回程度なら「心配してくれたんだな」と思ってくれるでしょうが、これを頻繁に繰り返すと、「重い女」になってしまいます。

恋愛依存の重い女になってしまう理由

彼が好きだからこそ、恋愛依存になってしまうものですが、いくら恋愛をしても依存になる女性とならない女性がいます。

恋愛依存にならない女性は、相手との関係が良好な場合が多いですが、恋愛依存になる女性は、相手を過剰に愛しすぎて、2人だけの世界を作ろうとします。

そして、相手がそのルールに縛られることに疲れてしまい、別れを切り出されたり、音信普通になってしまったりし、結果的に愛されないシナリオを歩いてしまうことも多いでしょう。

特に、恋愛依存の女性は、どんなにつらい別れを経験しても、また新しい恋で重い女になってしまうという繰り返しをすることが多いともいわれています。

 

では、なぜ恋愛依存の重い女になってしまうのでしょうか?それには、多くの理由がありますが、そのひとつに「傷つきたくない」という心理が横たわっていることが挙げられます。

もちろん、人間誰しも傷つきたくないという気持ちはあるのですが、恋愛依存の女性は、その気持ちが普通よりはるかに大きいと言えます。

そうなった原因はさまざまでしょうが、過去に傷つけられたり、見捨てられたりした経験があるため、「今度こそ傷つきたくない」という思いが強すぎるのかもしれません。生きていると、人から傷つけられたり見捨てられたりすることもあるでしょう。

しかし、どの人もがあなたをそのようにするわけではありません。

すぐには難しいかもしれませんが、「いつもそうなるという決まりはないし、必ずしも重い女にならなければいけないという決まりもない。」ということを心がけ、自分自身を癒してあげることが大切です。

重い女を卒業して追わせる恋をするために

重い女を卒業するためには、「いつも傷つくというきまりはない」と思うことの他に、他人よりもまずは自分を解放してあげることから始めてみましょう。

相手が希望するだろうことを考え、それに向かう努力ではなく、自分が欲しているものや希望をどんなに小さな物からでも良いので、叶えていきましょう。

たとえば、相手好みのファッションではなくて、自分がしてみたいファッションに挑戦したり、行ってみたいと思った場所に実際に行ってみたりするなど、些細なことで良いのです。

自分の基準で想像し、考えたうえで行動する。この一連の流れを繰り返し積み重ねて行くことで、相手に合わせるわけではない、「あなたらしさ」が他人にも伝わっていくはずです。そのような精神的に自立している女性は、男性から見ても安心できますし、もっとあなたのことを知りたいと思ってくれる人も出てくることでしょう。

重い女といわれるのを卒業する方法まとめ

恋愛依存にならないためには、まずは自分自身がどうしたいのかという方向性をきちんと持つことから始めましょう。

恋愛依存から脱出した女性が良く言うことに、「恋愛依存のときの自分は、私が私じゃないみたいだった」という言葉があります。

それは、おそらく傷つきたくない一心で、相手の希望に合わせようとしていたもう一人の自分がいたということでしょう。

相手の希望=自分の希望ではない場合が多いので、結局疲れ果ててしまう運命をたどってしまうのだと思います。

苦しい恋愛をするより、多少の困難があったとしても、自分が楽になることのできる選択をする方が賢明です。

そうすることで、重い女の恋愛パターンから生まれ変わることができるかもしれませんよ。

misudu

女性向けサイトなどで、ライターをしています。カウンセリング業務をしていた経験を活かし、女子による女子に対する、女子のための記事を提供できるよう日々活動中!