パワースポットに行くときの心構え5か条

スポhttps://kataomoi.co.jp/ンサーリンク

ID-10022176

パワースポットに行くときの心構え

1. パワースポットに行く場合、前日までにやっておくべきこと、慎むべきこと

まず、ストレスのある状態では、せっかくのパワースポットのエネルギーを自分の出す負のエネルギーによって跳ね返してしまって、上手く力を得ることが出来ません。遠出であれば、時間に十分な余裕をもって計画してください。

近場で自然のパワースポットであれば、悪天候で有れば日を変えるくらいの心の余裕を持ってください。悪天候でパワースポットの恩恵に預かれないということはありませんが、歩きにくさから足元ばかりに注意がいってしまって、素直な気持ちでパワースポットの力を得られなくこともあります。神社仏閣であれば、前日までに塩を手にして清めておくのも良いです。

2. 当日はこんな状態でパワースポットに臨みましょう

神社仏閣での参拝マナーを守り、自然の地をゴミで汚さないことは、その土地に宿る神々への礼儀です。落ち着いて風景を楽しむつもりで、心の余裕を持ってください。負の心があればいい気を得られなくなります。

心に余裕を持つためには、空腹でないこと、のどの渇きを感じていないことなど、出来るだけ身体が楽な状態を保ってください。もし、嫌な気を感じるようであれば、その場所が合わない可能性もありますので、無理をせずなるべく早くその場を離れるようにしてください。

3. 服装や持ち物で気を付けること

マナーや動きやすさを重視してください。アクセサリーや服は華美にならないようにして下さい。この場合の華美とは、自分で感じることであって他人からの私的ではありません。自分でこれは華美だと思う時、心も着飾っていることが多いです。心を清純に保つようにして下さい。

お正月であれば着物で神社仏閣への参拝も良いです。着物は清掃と見なされます。身体全体で気を得ることが大事ですので、荷物に気をとられることのないよう、持ち物は少ない方が良いです。

4. パワーを受け取り最大限に生かすためにその場ですべきこと

現地の水で飲めるものがある場合、持ち帰るよりその場で飲むようにして下さい。パワースポットは場所と深い関連がありますので、その場を離れたものはあまり効果がありません。意識して深呼吸をして、風の力を身体に取り込むようにして下さい。

職からもパワーを得るため、できるだけその地の名物料理を食べるなどしてください。食事はパワースポットに行く前でも後でも構いません。お酒が飲める方は、地酒を飲むのも良いです。そうして少し体を温めることは、よりいっそうパワースポットの力を取り入れやすいくなります。温泉地であれば入浴して大地からの気を得るのも良いです。

5. 家に帰ってからすべきこと

パワースポットに行ったことと、無事に帰ってきたことに感謝する気持ちを持ってください。パワースポットは心で受け取るものですので、心の健康を保つことが一番良いことです。

パワースポットへ出かけたことを純粋に楽しみ、SNSなどに写真を載せたり友人に話したりすることは良いことです。そうして心がポジティブになれば、力の持続が期待できます。

別のパワースポットへ行く計画を立てるなら、少なくとも1週間は開けて下さい。火の神様からの力を得た直後に水の神様からの力を得るということは、せっかくの日の神様の力が水で消されてしまいます。このようにパワーがぶつかることがありますので、少し間をあけるのが望ましいです。

脇田尚揮

wakitasan

大学卒業後、法科大学院へと進学。鑑定歴14年。国内外にて占い業を行う。ライター・認定心理カウンセラーでもある。

占い館 セレーネ

東京都豊島区東池袋3-15-5東池袋マンション307

(山手線:JR池袋駅 から徒歩7分)

サンシャインシティ近く、乙女ロード沿い
電話:(固定)03-5992-3222 (携帯)080-4287-1044

【HP】http://selene-uranai.com/

メール:info@selene-uranai.com

公式ブログ:http://ameblo.jp/healingsalon-juno/

叶わない片思いを叶えたたった1つの方法

好きな人には付き合っている彼女がいました

諦めなくてはいけないと思っていても
好きすぎて諦めることができない
そんな時にこのタロットで運命が変わりました

自分の運命を変えたい方はコチラ