恋愛運がよくなる部屋の作り方

ID-10086232

住む部屋によってやはり恋愛運というのは左右されてくる。まずは毎日を過ごす自分の部屋を心がけるようにしよう。

恋愛運をあげるお部屋つくり

恋愛運をあげるのはお部屋がキーポイント。

 恋愛運をあげるには窓の向き

恋愛運をあげる為には南向きの窓がついているお部屋がおすすめ。南向きの大きな窓というのは、人気運を意味する方角から大きな気を引き込むことができるので、出会いを引き寄せるといわれています。

また南や南西は恋愛を意味する方角になるので、この方角に元彼にもらったプレゼントを捨てられなかったり、この方角に物がたくさんつまっていると結果的に出会いの気が滞ってしまいます。

部屋の中にいらないものがたくさんあったり、捨てられない人というのは結果的に自分にとって何が必要なのか?という判断力が鈍ってしまっている証拠になります。

南や南西は重点的に掃除が必要ですが、部屋全体でいらないものがたまっていないか?高かったけど着なくなってしまった服など、見るたびにちょっと気分が落ち込むようなものがつまっていないか?いまいちどチェックをしてみましょう。

それだけでもお部屋の中の出会いの運気が流れ出すようになってきます。

カーテンやベッドカバーの色にご用心

自分が好きになっても、相手からは身体目当てで終わってしまうというような人は、カーテンやベッドカバーの色にグレーが入っていないか?見直してみてください。

グレーの色をベッドや寝ている部屋に使っていると、必然的にグレーな関係を引き寄せやすくなってしまいます。

また、何年も彼氏がいないという人のお家に遊びに行くと、部屋全体が見事なまでに寒色系のブルーと水色になっていることが多い。

寒色系の部屋は恋愛運を下げる色になるので、恋愛運をあげたいのであれば赤やピンクを使うようにしましょう。

またカーテンは女性の一人暮らしと分かると防犯上あまりよくないので、結婚や落ち着きを意味するようなベージュの色をチョイスすると良いでしょう。

また、家具類に角があるものをつかっていると、人間関係をぎすぎすさせてしまう傾向があるので、家具は角が丸くなっているものを使うようにしましょう。

また角になっている家具を使っている場合でも、寝ている時に家具の角が自分に向かないような配置に気を付けるようにしましょう。

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。