理系男子と付き合いたいと思ったら気を付ける4つの事

ID-10016060

付き合いたい相手が理系男子だった場合に気を付けるべき事についてご紹介。

 理系男子と付き合いたければ気を付けるべき事

 1. 収集癖や趣味に口を出さない

理系男子の方が、より強く自分の好きなものを集める癖や自分の好きな趣味を持っている傾向がある。そのため、もしも彼らの好きだと思っているものを否定してしまうと、この女の子は自分の世界を理解しないと思ってしまい、拒絶される可能性がある。

それを防止するためには、最低限理解ができなかったとしても、彼が好きなものや集めているものに対して文句をいったり否定的な事を言わないようにしよう。

 2. 相手が得意なものを教えてもらう

パソコンの設定をはじめ理系男子が明らかに得意であろうことに対して質問をして、わからないところを教えてもらうというのは理系男子と仲良くなる一番のテクニック。

世間話があまり得意でない人も、得意な事になるとスイッチが入ったようにしゃべりだすということもある。

またこれをきっかけに仲良くなれるきっかけにもなるので、理系男子がだいたい得意なパソコンに関する質問などは使えるテクニック

 3. 相手の話をさえぎらない

普段全くしゃべらないのに、自分が興味ある事だったり自分がものすごく詳しいものに対しては、急にしゃべりだすというところがあるのが、比較的おとなしいタイプの理系男子に多い。

そのような時は話をさえぎったり否定したりという事をしてはいけない。

理系男子に片思いをしていて、この人に気に入られたいと思ったら彼に気持ちよく趣味やマニアックな事を話させる時間を作るようにしよう。

 4. デート場所も考慮する

デートの場所を彼がささっと決めてくれればよいが、なかなかお店を決められないのに素直に決めてとか、どっかよいとこ知っていると聞けないようなところがあるのも理系男子の特徴だ。

そんな風になった時は、自分からこういうお店はどうかな?と提案してあげられるような懐の深さを示してあげた方がよい。

お店を決められなかったり、変なお店に決めてしまう時点ですぐにこの人はないと切り捨てたりせずに、結婚したら毎日外食するわけではないので、あまりお店を知らないのは遊んでない証拠と大きな気持ちで流してあげるのがコツ。

コミュニケーションがあまり上手ではない人も多いので、付き合いたいと思っている女の子側が気を使ってコミュニケーションを取りやすくしてあげることが、大人しいタイプの理系男子と仲良くなるポイントだ。

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。