職場片思いで嫉妬してしまう時の対処法

嫉妬する女性

職場で気になる男性がいる、片思いしているのは幸せですよね。本当だったら行きたくない会社であっても彼に会えると思うだけでウキウキした気持ちになったり、日曜日の夜に、『明日からまた1週間が始まる・・・』と他の人のように憂鬱になるなんてこともありません。

辛い残業だって、本当だったらつまらない社内の飲み会だって、気になる男性に少しでも会えると思うだけで楽しみになるもの。

そんな、素敵な気持ちにさせてくれる職場での片思いですが、マイナスな点がありますよね?

それは、気になる男性が他の女性と仲良くしているだけで、『付き合っているんじゃないの!?』『もしかして、あの女性も彼の事を狙っているんじゃ?』『彼と付き合ってしまったらどうしよう…』などと社内の他の女性に嫉妬をしてしまいやすいというところです。

一度嫉妬をしてしまうとなかなかとめられませんよね。ついつい怖い顔で二人を見つめてしまっているなんてこともあります。

今回は、そんな風に、片思い相手の彼と仲の良い社内の他の女性に嫉妬してしまう時の対処法についてご紹介をします。

職場で片思いしている時に嫉妬をせずに楽になる方法です!

心理学に基づいた職場での嫉妬の対処法

まずは心理学的なアプローチから職場で片思いをしていて、他の女性に嫉妬してしまう時の対処法をご紹介します

職場の片思い中の嫉妬を自分に許す

人間って、不思議な生き物で、自分で『やってはいけない』と嫉妬に対して禁止をしてしまうと、ますます嫉妬をしてしまいます。

職場で片思いをしていて、嫉妬してしまうと、つい仕事の手がとまってしまったり、ミスをしてしまったりしやすいので、自分でも『こんなんじゃだめ』と職場の片思い中の嫉妬を禁止する人が多いのですが、『こんなんじゃだめ』と思うことをやめるという事が、一番嫉妬をしにくくなります。

まずは、嫉妬をするだけ思いっきり嫉妬をしてしまってください。中途半端に我慢しないで自分の感情を出し切ってしまうと、人間は同じ感情がそこまで続かないので嫉妬が全部できってしまいます。

一人で部屋で、『◎◎さんと仲良くするな!』と叫ぶとか、大声を出せない人は紙に『むかつく、死ね』などと口に本来出せないようなことをひたすら書いて、すっきりするまでだしきってしまってください。『むかつく、死ね』ということを書いたりすることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、紙に書いて捨てるとか、人目につかなければ相手を傷つけるわけではありません。言ってはいけないとか、やっちゃいけないと我慢しがちなあなただからやった方が良いということもあるのです。

そうすると、とても心が落ち着きます。

その後、『嫉妬したってしょうがない。だって彼に片思いをしているんだから』と自分自身に対して嫉妬をすることに許可を出します。

嫉妬をしてもいいと思うだけで、不思議なことに、だんだんと嫉妬がやわらいでいきます。小さい子供はとても素直なのでわかりやすいのですが、お母さんにやっちゃ駄目と言われて禁止をされたことが、ものすごく気になったり、中にはそれをやり続けてしまうという子供もいますよね。このように、人間は『禁止』をされると、余計に気になってしまうのです

これは、ダイエットなどで、甘いものは禁止となると、頭の中が大好きなお菓子のことでいっぱいになってしまうというのも同じ原理です。

職場の片思い中に嫉妬する心理的原因

職場で片思い中の男性が仲良くしている女性に嫉妬してしまう心理的な原因は何でしょうか?実は、人間は、『自分の方が相手よりも劣っている』と思っている時に嫉妬をしてしまいます。

例えば、職場で片思い中の男性が、新入社員の女性と仲良くしゃべっていたというので嫉妬をしてしまうという方もいらっしゃいました。

その方は、『女性は、若い方が可愛いくて女性として価値がある』という自分の中に価値観がありました。

その為、新入社員の女性の方が、私よりも若いから、男性に可愛いと思われて女性として価値があり、私は、新入社員の女性よりも負けていると無意識に思ってしまっていました。

けれども実際は、片思い相手の男性とその女性は両片思い状態で、男性は新入社員の女性のことなんてなんてとも思っていなかったのです。

これも、情熱的な片思いがゆえに、事実が歪んでみえてしまっていたという事になります。

自分の中になにかしら、相手に負けていると感じることがあるからこそ嫉妬をしてしまいます。

逆にいえば、自分は自分でとっても価値があると思えている人は嫉妬をしないですむんです。

その為にやるべきことは、自分の優れているところを仲の良いお友達などに言ってもらいましょう。

最初は、言ってもらっても『えーそんなことないよ』となかなか他人がいってくれたことを素直に受け取ることができないかもしれません。

けれども、それを『ありがとう』とにっこりわらって、朝お化粧をする時に鏡をみながら、『私は◎◎なところが優れているんだ』と自分で言い聞かすようにしてみてください。

そうすると、自分は自分で素敵ななんだと思うことができて、相手の女性に劣っていると思わなくなるので、嫉妬をすることもなくなります。

また、自分は魅力的なんだと思うことは、以前よりも自分自身の輝きが増すようになるので片思いも叶いやすくなります。

スピリチュアルに基づいた職場での嫉妬の対処法

今度は、ちょっと趣向を変えてスピリチュアルな視点で嫉妬へのアプローチをみてみましょう

職場の片思いの嫉妬を焼き塩で浄化する

お家に帰っても、片思い相手の彼と仲良さそうにしていた、社内の女性を思い出しては、嫉妬やネガティブな感情でいっぱいになっている時は、部屋の中も邪気が溜まってしまっています。

このような部屋にいると、なんだか身体がだるくなってしまったり、やる気がなくなってしまったり、ますます嫉妬などネガティブな感情になりやすくなります。

一度、お部屋を浄化すると気持ちもスッキリしますし、嫉妬などのネガティブな感情がスッキリします。

焼き塩での浄化の仕方

【準備するもの】

・粗塩

・フライパン

【やり方】

  1. 部屋と外をつなぐ窓や扉をしめて、部屋の中どうしをさえぎる扉は全てあけておく
  2. フライパンに粗塩をひとつまみいれて、菜箸などで混ぜながら5分程度乾煎りをする(油はひかない)
  3. 5分程度すると、塩がサラサラの薄い茶色になります。

注意点

・塩が茶色にならなかったり、一部真っ黒になったり、固まった場合は、一度捨ててやり直す

・塩は、粗塩を使うようにしましょう。食塩は駄目です

火と塩の浄化作用で、乾煎りをした時点で浄化はされているので、部屋全体にいきわたるように部屋をさえぎる扉はあけておきましょう。

また、乾煎りした塩を盛り塩にして1日しておいて捨てるというやり方でも良いですが、嫉妬してしまうという時は、その焼き塩を湯船にいれて、入浴することで心の邪気も取り払われ、生まれ変わったようなすっきり感を味わうことができます。

職場で片思いをしていて嫉妬してしまう時の対処法まとめ

このように、心理学的なアプローチと、スピリチュアル的なアプローチの両方で嫉妬への対処を行うことで、辛い職場での嫉妬から解放されるようになります。

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。