頼れる男性は教育して作る?頼れる男がいないと嘆くあなたへ

ID-10094640

頼れる男性がいない!?

デートでリードしてもらいたいけどしてくれないとか、いつも自分だけ計画を立てていて彼はやってくれないと不満を持つ人も多いと思います。今回は頼れる男性はどこにいるのか、ハンサムレディ・クリエイターの田中由里恵さんに聞いてきました。

Q:男性が頼りなく思えてしまいます。頼れる男性はどこにいる?

これですごく気になったのは、どういう時にそう思ったんだろうなっていうことです。恋愛の場面ですよね?

Q:例えばデートでレストランが選べないだとか。

レストランを選んでほしいんですね?

Q:選んでほしい女性の方が多いと思います。

そういう女性たちは「選んで」って言ってるのかな?結構そう言わずに頼れる人いないなって思っている方が多い気がします。実はまだ頼っていないのに、頼れないと思っている。案外、男性は言ったらやってくださいますよ。

Q:そうですね。心の中で思っているだけだったり、男の人はレストランを選んで当然みたいな理想を描いてるのかも。

そうですよね。結構そういう方に限って、選んでもらっても自分の気に入らないレストランだと不機嫌になったりしているのを目にします。ここ来たことあるとか、お店の雰囲気が好きじゃないとか。そうなってしまうと、男性は頑張って選んでいても「頼りがいがない」ということになってしまうのではないでしょうか。

選んでくれたら頼りがいがある?選んでくれて、さらに満足いくお店なら頼りがいがある?

なかなか頼れるっていう定義づけが難しくて、どこに頼れる男性がいるのかという質問には一概には答えられないですね。まずは女性側が男性に「頼られている」という自覚を与えることができているかが気になります。

そういえば、実は男性の方も「頼れる女性」を探しているという現状もあります。

男性も人間なので、落ち込んだり弱ったりする時もありますよね。

結構男性にお話を聞くと、結婚相手を決める時に、自分に何かあっても家族を守ってくれそうな芯の強さを持つ女性は人気が高いんですよ。

Q:そんな女性が人気があるんですか?

あります。恋愛相手としてではなく、結婚相手としてこの女性は頼れるなって思える女性の人気は高いですね。かといってその女性がいつも姉御肌かといったらそういうことではないんです。何か男性が困っている時に自然と手を差し伸べてくれるとか、男性がレストランの予約が出来なかったら「大丈夫、私やっといてあげるー。」と本心でさらっと言える女性は人気が高いですよ。

女性側の話に戻りますが、まずは頼りないと感じるのであれば、そもそも自分が彼を頼っているのかというところを一回振り返った方が良いと思います。どんな場面で頼れないと思ってるんだろうかとか、頼りがいのない男性に対してどう思うんだろうって冷静に考えてみてください。頼りがいは男性を選ぶ時に自分にとって本当に必須項目ですか?

実はそうでもないというのなら、一般常識に囚われずに、そもそも頼りがいのある男性を望まなくてもいいんですよ。

もし頼りがいが外せない条件なのだとしても、頼りがいのある男性へと自分で育てていくことができます。まずは男性のことを頼ることが大切。ちゃんと頼ってみて、育てる。そうするとドンドン男性はあなたが望んでいることを理解して、先回りしてやってくれるようになっていきます。

Q:結局は頼りにしてないということですね。

特に恋愛初期の頃は多くの女性ができてないと思います。例えば一緒にデートをしていて、私が事故にあった時に救急車を呼ばない男性はいないと思うんですよ。これは頼りがいがありますよね。そこであわあわして救急車も呼べないようであればお別れした方が良いと思いますが…。何が言いたいかというと、頼りがいがあるところを見せないといけない場面になると男性は頼れるところを見せてくれるということです。そういう場面に遭遇してないから、頼れる男の一面を出せてないだけだと思います。頼れる男としてどうアピールしたらいいのかをただ知らないだけの場合もある。そんな男性に出会えたら逆にラッキーですよ。自分がどんどんと育てていけばいいだけですから。

私のまわりでも女性に頼りがいのアピールの方法がわかっていない男性は沢山いますよ。例えば彼女は本当は綺麗なホテルラウンジでデートするのが好きなのに、彼は全くそういうのを知らないから、普通の街のよくあるカフェに連れていく。それでも彼のことが好きだから彼女はお付き合いを続けていく。心の中では誕生日などの記念日にも自分の好きなサプライズをしてくれないことを頼りがいがないと感じていることでしょう。そのままではお別れも時間の問題ですね。

そんな時に女性の方から、私はこういうことをしてくれると喜ぶんだよっていうことを伝えて教育をしていくと、男性はだんだんと「あ、なるほどね。」とわかってくるんです。この女性はこういうところが好きなんだというのを勉強して、お誕生日にはホテルを予約して連れて行ってくれるようになります。そういう男性へと育てていくことができるものなんです。

Q:ちょっと教育のコツもあれば教えてください。

一番簡単なのは、「伝える。」と「喜ぶ。」です。ほとんどの女性が思っているだけで、言わないですよね。「私、庶民的な居酒屋よりも、せめてダイニングレストランが良いわ。」とか言わないですよね。だから、レストランを予約してほしいなーと思っていても言わない。それで、結局男性が何も言ってこないから自分で探して、「ここ予約出来そうだけど良い?」とか言って、「いいよ。」って言われたら「あぁ、また今回も私が予約させられたわ。」って思うわけじゃないですか。でも、それって女性が勝手にやってるんですよね。

勝手にしびれを切らしているだけなので、しびれを切らす前に一回伝えてみて下さい。「来週のデート、レストランどうする?」と聞いてみると、彼は「僕が予約するね!」なのか、「当日一緒に決めよう!」なのかの答えを伝えてくれます。それで自分が当日にお店を探すのが嫌なのであれば、「じゃあ私探しておくよー♪」というのはそこまで嫌ではないですよね。

予約してくれるか彼に聞いて断られるのが怖いんだったら、最初は「もし忙しかったら私予約しておこうか?」って一言聞いて、「じゃあお願い。」って言われたら、「OK!」で良いじゃないですか。それが一回できたら次に「次のデートの時のレストランは決めてほしいな。」って言えますよね。それでもし「え?」って言われたら、「今日は私のおすすめだったから、次は〇〇くんが選んだお店いきたいな。」と言ってみればいい。一歩一歩ステップを重ねていくことが教育には必要ですね。

Q:愛されない子は伝えるコミュニケーションが苦手なんですね。

愛されたいと思うがゆえに愛されない自分が怖かったりすると、伝えることなく心の中に溜めてしまうのかもしれませんね。言わなければ別に嫌われることはないじゃないですか。でもそれ以上に好かれることもきっとないです。やっぱり伝えないと、伝わらないんですよね。

Q:一番はやっぱり共同作業ということを忘れないこと…

そうですね。そこは譲れないです。レッスンでも何度も言います。「相手任せにしないように。」と。女子高生くらいなら別に良いんですよ。青春漫画とかに出てくるような恋愛をしたいんだったら、彼に任せてて良いですけど、いい男を捕まえて自分の好きな男性と結婚したいと思っていたり、本当の信頼関係を彼と築いていきたいと考えているなら、共同作業のコミュニケーションを忘れてはいけません。

あなたも選ばれる女性に!ハンサムレディのモテ仕草が学べる小冊子を今だけ片思いチャンネル読者の方に無料で配布中♪

表紙画像案ダウンロード
↓ダウンロードはこちら↓
https://www.agentmail.jp/form/pg/5462/1/

————————————————————————————————
ハンサムレディ・クリエイター
田中由里恵
http://ameblo.jp/careerlady/entry-12167081112.html

田中由里恵
元・日産ミスフェアレディのチーフとして、日産自動車のブランディングの専門職を担当。
10万人を超えるお客様との接客や3,000回を超えるプレゼンテーション実績を持つ。

現在はブランディングの技術にコーチングを融合させた独自メソッド、『ハンサムレディ・ドレスメソッド』を主宰。
見た目・話し方・マインドの3つの仕草を変えることで、恋愛も仕事も選ばれる女性へとプロデュースしている。

内面と外見への同時のアプローチ手法で、ただ単純に美しくなるだけでなく、
同時に自分の自信を育てることができるレッスンが大人気。今の毎日を変えたいと願う女性が全国から参加している。

気になるあなたは、まずはしぐさ美人個別体験レッスンへ!
お会いできるのを楽しみにしています。

叶わない片思いを叶えたたった1つの方法

好きな人には付き合っている彼女がいました

諦めなくてはいけないと思っていても
好きすぎて諦めることができない
そんな時にこのタロットで運命が変わりました

自分の運命を変えたい方はコチラ

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。