都合のいい女と本命の女を分けるタイプの男はこういう男

id-100257485

都合のいい女と本命の女を分けるタイプの男

世の中には都合のいい女なのかな?と心配したり不安になる女性が実はとても多いですね。身体から始まった関係とか、自分以外の女の子ともデートしている様子の男子を好きになってはモヤモヤしたり、精神に不安を抱えて病んでいるそこのあなた、最初からあなたが手を出してはいけなかった男に手を出してしまったのかもしれません。では、都合のいい女と本命の女を分ける男とはどういう男なのでしょうか。

 顔が不細工、背が低いなどコンプレックスがあるけど会社名や職業に自信がある

顔が不細工って言ってごめんなさい。背が低いって言ってごめんなさい、ついでにデブな人もここに含まれます。都合のいい女と本命を分ける人は雰囲気イケメンが多いです。え、顔が不細工だったり、デブな人が雰囲気イケメン?と思ったでしょう。でも、都合のいい女と本命の女を分けるタイプの人は、アイデンティティを自分の会社とか、勤めている場所、職業などに頼っている人が多いのです。よって、謎の自信に満ちている。自信は不思議と男を魅力的に見せてしまう時があるものです。

そんな彼らはハンター気質なので、女の子を追いかけて自分を好きにさせたら興味を失ってしまったり、彼女たちを都合のいい女扱いをする人たちです。彼らが本命にするのは自分がすっごく頑張らないと手に入れられない「いい女」と呼ばれる女性のこと。よって、先に身体の関係を持ってしまったらなかなか本命にはなれないでしょう。

また、みんなが「きゃーかっこいい!」と言って振り返るような長身の美男子は実は真面目な人が多いです。なぜなら努力しなくても向こうから寄ってくるので、そこまで女の子に興味がないからです。

モテるやりチンは都合のいい女と本命にわけ隔てがない?

しかし、世の中には都合のいい女と本命の女を分けない男というのが存在します。その名もモテるやりチンです。もし、あなたが性的欲求を満たしたいと思うならやりチンを相手にすると、あと腐れなく楽しい性生活を送れるでしょう。

なぜそんなことが言えるのか。彼らは基本的に愛されたい欲求が強いからです。自分を愛してくれそうな子がいたら、その子で良いかなと思っては、やっぱり違ったかな?と思うようなふんわりとした博愛精神を持っているのです。そして基本的に女の子みんなに優しいのでモテるわけです。

そして、自分のことをすごく愛してくれそうな人を捕まえては、違ったーというつまみ食いを繰り返しています。そしてなぜかメンヘラを引きずる傾向にあります。なぜなら普通の女じゃモテる彼らの中では見分けがつかなず、メンヘラ気味な女の子だと強烈なインパクトを彼らに残すからです。

先ほどから申しているように基本的にモテるので、自ら進んで、愛とか恋とかにそこまで執着がないのかもしれません。モテるやりチンは都合のいい女と本命にわけ隔てがないというよりも、自分か他人かのくくりしかなく、他人に興味がない人達だから、本命とか遊びとかの境界線がないのだと思います。

よって、この手のタイプの人を好きになったら、私は都合のいい女なの?と悩むこと自体が時間の無駄かもしれないです。彼らには自分しか見えていないからです。

 大抵の男はわざわざ都合のいい女を作らない

大半の誠実な男というのは、本命1人しか作らないものです。都合のいい女なのかしら?と不安で夜も眠れないあなた、もう一度よく覚えておいてくださいね。大半の男は本命1人しか作らないんですよ!

「都合のいい女?なにそれ、時間勿体なくない?好きな彼女がいればそれで充分だし、もし他に好きな子が出来た時はそれが本当に好きだから別れるし、何で本命の子と都合のいい女が存在するの?てゆか、俺そんなモテない。」というのが、普通の男の意見ですよ。

あなたはうっかり変な男をチョイスしてしまったと思って反省した方が良いレベルです。でも、都合のいい女になったのはあなたのせいだけじゃないです。都合のいい女を作る男側も、どんなに立派に見えても変な男だということを心に留めておくと、誠実な人と恋愛が出来るかもしれません。

夏までに片思い成就させたい方必見

[6月24日(日)まで】

初めての方は無料で恋愛鑑定をうけられます

  • 彼の今の気持ちは?
  • 何をすれば本命の彼女になることができるの?
  • 彼の好みの女の子は?

これらの悩みを無料鑑定で解決します。

恋愛鑑定業界では一番当たると言われている

特別な鑑定で、あなた専用の成就プランで最短で片思いを叶える方法をお届けします。

この機会に是非ご活用ください

※今月52名が既にここで恋愛成就させました

※20歳以上女性限定

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。