やきもちを妬かない方法とは?

やきもちを妬かない方法

好きな人からは嫌われたくないし、重い女になりたくないとは思うけれど、どうしても他の女の子と会話していたり、仲がよさそうな彼を見てはやきもちを妬いてしまう、あの女の方がいいの?という負けた気持ちや、私じゃダメなの?という無価値感を感じてしまう、というあなたに、やきもちを妬かない方法を伝授しましょう。

暇な時間をなくして自分を追い詰める

目の前にある仕事に集中する

今自分がやらなければいけない仕事や勉強に集中してとりかかると、彼のことを考えている隙間がなくなります。それが洗濯だったり、部屋の掃除だったりでも同じなのですが、好きな人がいる時ってその人の事ばかり考えてしまったりする時間が増えて、ぼーっとしているので、意外と自分の身の回りのことが出来ていないということになりがちなんですね。自分のことがきちんと整理できていない状態というのは、自分自身の乱れにもつながってきます。彼を思う前に自分の生活を整えるという意味でもおススメです。

やきもちを妬いてしまう時も同じで、彼の事ばかり考えて、彼の一挙手一投足に振り回されているから、やきもちを妬いてしまうんです。もし、やきもちを妬きたくないのなら目の前にある仕事をしっかりとすると脳が疲れるということもあり、彼のことを考えてドキドキしたりやきもちを妬いたりする余裕がなくなります。

運動することで身体を疲れさせる

会社帰りにジムに行くとか、走る、その他自分の好きなスポーツをして疲れ果てることによって、もう寝るしかないという状況に追い込むと、彼へのやきもちのパワーが運動へのエネルギーに変換されるのでやきもちを妬かなくなります。また、身体が疲れて寝たいという気分になると、どんなに好きな彼のことでも、どうでもよくなる瞬間がきます。

他に男友達を作る

好きな人1人に集中してしまう気持ちと時間を、他の人に割くようにすると、あなたは自分の気持ちに余裕を持つことが出来るようになるでしょう。

自分の心の捉え方でやきもちを妬かなくなる

自分の気持ちを正直に認める

こんな風にやきもちを妬く自分は醜い、ダメな自分なのではなどと思ってしまう人がいますが、自分の心から自然と湧き上がってくる気持ちは仕方のないものですし、それをダメなものとして蓋をする必要はありません。蓋をして隠そうとしてしまえば、またそれを空けてのぞきたくなる自分が出てきます。やきもちを妬いている時はメラメラと湧き上がるやきもち妬きな自分と向き合ってみましょう。

不思議と向き合う対象を自分自身に変えてみると、「あぁ、そうだよね、やきもちやいちゃうよね。」と納得したり、「あの子よりも私の方がかわいいのにね。」などと自分自身の心のケアにもつながってきますので、少し自信を回復することが出来たりするんです。やきもちを妬いてしまう時は、その人の方が自分よりも優れているんじゃないかとか、彼に選ばれないんじゃないかという、自分への自信のなさから来ているわけですから、他人にフォーカスするよりも自分へ関心を向けることでやきもちを妬かなくなります。

競争することをやめる

やきもちをやいている相手に対して「負けた」という気分になるということは、その人と競争しているからこそ起こる感情なのです。自分の方が相手よりも下の存在だと思ってしまったということですね。しかし、あなたの価値は別に、そのやきもちを妬いてしまう相手を基準にして決まっているわけではありません。自分の価値を相手任せに決めることは自分を苦しめる結果になるだけだと意識して、自分は自分でそこに優劣はないという風に競争心を手放してみることも良いでしょう。

相手を攻撃することはNG

少し注意してもらいたいのは、やきもちを妬いて、相手の男性だったり、他の女の子の事を攻撃するということと、自分は今あの子に妬いているんだという事実を認めることとは違います。「あんな子よりも私の方が素敵だ。」とか「なんであの子が。」というやきもちを妬く自分に「そうだよね。」「その通り。」と自分で慰めることは自由ですが、相手を傷つけることをすると、自分も傷ついてしまいます。

でも人の不幸を笑うのも良いかもしれない

自分が手を下さなくても、やきもちを妬いてしまう相手に何か不幸があった時に、あくまで心の中でですが、笑ってしまうのもいいかもしれません。所詮、他人の不幸は蜜の味なのです。

今までいろいろな恋愛をしてきたアラサー独身。片想いや恋愛に悩む人と少しでも悩みを共有しつつ、世の悩める女性の役にたてたら嬉しいです。自身の恋愛の備忘録としても執筆中。