結婚後も一途に愛してくれる男性3つのタイプとは

id-100472817

結婚したら一途に愛してくれる男性

以前、福原愛さんと江宏傑さんの2人がテレビに出てましたが、画面を通して幸せオーラがあふれ出ていて、すっかり身も心も浄化されました。私の親も友達の親も彼はカッコいいと言い、多分どこの娘を持つ親からもあんな人が婿だったら良いのにと思われるであろう江宏傑さんですが、あんなに性格も良くて見た目も宜しい男性をどうやって見極めたらいいのか、というか、どこに存在しているのか悩む独身女子は多いはず。

見た目で彼ほどの好青年は見つからないかもしれないけれど、内面は江宏傑ならいるに違いありません。では、彼のように結婚したら一途にあなたを幸せにしてくれるのはどのような男性でしょうか。

1.他人への気遣いを忘れない人

たった1回しか会ったことのない人に対してでも、相手の年齢や職業にかかわらず、細かいことを覚えていてくれたり、平等に何かその人のプラスになるようなことをしてあげられる人というのは、奥さんに対しても心遣いを忘れない人が多いでしょう。それは、それだけ細かいことに気が付く性格であるとともに、人に何かを与えることが苦痛ではない人柄だということを表します。

しかし、自分の利益につながるような人にしか親切にしないと言うような男性の場合は、自分の利益を中心に考えるという自己中心的な傾向がありますので、奥さんが都合の悪いことをしたりすると機嫌が悪くなったりします。

2.他人を褒められる人

何か他人がした仕事や、成果物に対して、自分が「あれ?」と思うことがあっても良い部分を褒められる人であったり、努力したことそのものに対して褒めることのできる男性と言うのは、結婚後も女性の良いところに目を向けようとしてくれたり一緒に努力をしてくれる人です。

しかし、他人が努力して作り上げた作品だったり、仕事に対してダメ出しをする癖のある男性は結婚したとしても、奥さんのあれやこれや気に食わないところが目についてしまいます。よって、奥さんは自分の所有物かのように思ってしまいがちです。モラハラ傾向がある男性と言うのも他人に対してダメ出しが多いので気を付けてみておいた方が良いでしょう。

3.具合の悪い時、調子の悪い時に支えてくれる人

どう考えてもこれが一番大事です。具合の悪い時に支えるなんて当たり前じゃない?と思ったあなたは人生をとても恵まれた人たちの中で過ごしてきたハッピーな人だと思って、感謝しまくってください。世の中には具合の悪い彼女を放置するとか、どうしていいかわからないのでそっとしておくとか、面倒くさいので見て見ぬふりをしてくるような男性も大勢います。そこまであなたの事が好きじゃないというよりも、自分の方が大事だったり、どうやって愛情を表現したらいいのかわからないと言う人だったり、結婚して家庭を築くには大変な人です。

結婚して家族となって、女性がとても体調が悪かったり落ち込んでいる時に、自分の気持ちを優先されたり、結局「本人が解決することだから…。」などと言って自分は外に飲みに行ってしまったり、支えてくれないような男性というのはあなたのことを一途に大切にしているとは言えません。

逆に言えば自分が一番弱っている時に、親身になって真剣に支えてくれるような男性と言うのは間違いなくあなたのことが大好きな男性なので、絶対に離さない方が良いと言えます。

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。