好きな人から好きになってもらえない女子がやりがちな3つのこと

ID-10077968

好きな人から好かれたいのに!

好きな人にはどんなに頑張っても好きになってもらえなくて、好きじゃない人からはアピールされてしまう、いわゆる変モテをしてしまう女子っていますよね。好きな人からもそうでない人からも好きになられるモテ子との違いは一体なんなのでしょうか。

1.好きな人には自分をさらけ出せない

好きな人と一緒だと、嫌われたくないと言う気持ちが前に出過ぎていつもの自分でいられなくなり、上手く自分の良さをアピール出来ないので気持ちが伝わらないということがあります。自分がすごくその人のことを好きだからと、アナタが彼に合わせてばかりだったりしませんか?

そうすると、男性はいつも同意ばかりでつまらないな…と思うようになってしまいます。少しおかしな部分やわがままな部分があったとしても、あなたらしく楽しんでいるというのが伝われば好感度はおのずと上がっていくものなので、嫌われたくないというより、自分らしくいても好きでいてくれる人なのかどうかを確認するくらいの気持ちで好きな人と接した方が愛されるんです。

2.綺麗な自分じゃいられない

ついつい場を盛り上げようとして、話し過ぎてしまったり、笑いを取りにいってしまったりしていませんか?

男性は自分が頑張って手に入れたものを大事にする傾向があるので、アナタが無理をして笑いをとりにいったり、彼を盛り上げようとする必要はありません。女性は楽しむ側でいればいいのです。

もともとの性格ならそれは確実にあなたの良さとして伝わるはずです。しかし、逆にその人と一緒にいてあなたが盛り上げないとと無理をしたり頑張りすぎてしまうなら、もしかしたら運命の彼ではないのかもしれないということも視野にいれてみてください。

3.周りに気をつかってしまう

共通の知人がいたり、自分が彼の事が好きだと知られたくないと思っている場合に、彼の前で好きだと言うアピールが出来ない人がいます。しかし、モテ子というのは周りがどう思おうと、自分がその人のことが気に入ったと思ったら堂々とアピールしています。男性だって、自分のことを好きなのかどうかわからない子よりも、自分のことを好きだと言ってくれる女の子の方に気を許す傾向があるので、周りの目なんて気にしないで、全然何も気づかないふりで彼にアピールしてみることも大事です。

おそらく、好きな人から好きになってもらえない女子と言うのは、自分だけが頑張りすぎてしまうのが原因です。頑張って我慢するとか、頑張って好きになってもらおうとするとか、そういうのってかわいいと思う男性もいるけれど、重いなと感じたり、相手とのコミュニケーションをとっていると言うよりも、一人相撲のようになってしまうんですよね。でも、そのほかの人が相手の時はそこまでその人のことを考えていないので良い意味で力が抜けていたり、相手とのコミュニケーションが出来ているんです。

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。