ゲスノート!?こんなさげちんにご用心!

ID-10098411

せっかく自分が努力をして切り開いてきた人生をさげちんによってめちゃくちゃにされてしまってはたまらない・・・。

決して付き合ってもまぐわってもいけないモノそれは“さげちん”。今回はそんなさげちんの見分け方についてご紹介。

さげちんの見分け方

駄目出し、説教男系さげちん

このタイプのさげちんは、どんな小さい事でも駄目出しをして説教をしだす。そして自分自慢のオンパレード。

ちょっと食事をしただけでも、このタイプは偉そうに説教をしてくるのですぐにわかる。

本当は自分に自信がない小さな男なんだけれども、駄目出しというのは頻繁に身近の人間から受けていると、攻撃力が高く、自己肯定感が下がってしまいやすく自分の人生を大幅にひっぱられてしまう。

駄目出しの攻撃をうけているうちに、何か新しい事をしようと思っても「どうせ私なんて・・・」と思ってしまいチャレンジをしなくなってしまったり、同僚が他の話に夢中で自分が話しかけた事に気づかないというような、ちょっとした事でも「自分は無視をされているんだ」という風に悪い方にとらえてしまうようになってしまう。

このくらい、駄目出し攻撃をしてくる男というのは、かかわってはいけないさげちんなのだ。

束縛男系さげちん

愛されていると思いきや、過度の束縛で、人生のチャンスをなくしてしまいやすいのがこの束縛男。

束縛というのも、本当は自分に自信がなく、自分の思い通りに相手が動いてくれないと愛されているか?常に不安になってしまうというよう状態です。

この束縛男の見分け方としては、付き合う前から、「これ絶対美味しいから食べてみて」「こっちの方がいいから」というように自分の好みをおしつけてくる。

また、「彼氏がいるのに他の男の車になるのはありえない」などと極端な意見を持っていることが多いので、事前に彼の理想の付き合い方とか、恋人がしたら嫌な事はどんな事?などと質問をしてみると、その人の感覚が正常か?ちょっとおかしいか?という事が見分けられるようになる。

束縛をされていると、自分は愛されているんだなと思うこともできるが、極度な束縛は自分の人生のチャンスを失うことになるので、こんなさげちんには注意をしよう。

ヤリ捨て系さげちん

エッチした途端に連絡がなくなったり冷たくなったりというように結局エッチ目的だったというような男にかまっていると、これも自分に自信がなくなってしまう原因になるので女の子にとってはさげちん。

このやり捨て系さげちんの見分け方として、とにかくマメでLINEメッセージなどをたくさんくれたり、こっちが送ったメッセージに対しても即レス(ただし、エッチする前だけ)というのがこのやり捨て系さげちんの見分け方。マメすぎる男にはまずアラートを出してチェックをしてみた方が良い。

更には、初デートの時に選ぶレストランでも見分ける事ができて、このタイプは水槽系や夜景系だったり、内装がおしゃれで味はそこそこというようなレストランを選ぶ傾向が強いのですぐに見破る事ができる。

以上がさげちんの見分け方。こんなさげちんにひっかかって人生を損しないように気を付けて行こう。

とにかくさげちんは危険だ

一緒にいると運気が下がった気がする、毎日やる気が出ないし、仕事も上手くこなせなくなってきた、友達とも疎遠だし楽しいことが見つけられないなど、「以前の方が私の状態は良かった…。」と感じるようならばあなたの好きなその彼はさげちんです。

また、すっごく好きだけど好きすぎて、彼のことが気になりすぎて日々の日常生活に支障をきたし始めるとか、自分が自分でなくなるような感覚を覚えるような男も基本的にさげちんです。

さげちんが興味があるのは自分の事だけ

さげちんに共通しているのが、付き合っている彼女や、好きな人を守ろうとか、元気づけてあげようという奉仕の精神が欠けまくっていることです。というか、基本的に他人にあまり興味がなかったり、自分が損をしたり傷ついたりすることが嫌なのだと思います。一見そうは見えなくてもプライドが高く、思いやりがありません。自分の心の傷や自分の心と向き合うこともしない代わりに、女の子の心もガン無視できるようです。

だから、一緒にいる女の子の方がいつも彼に何かしてあげたり、何か楽しんでもらおうと頑張ってしまったり、好きになってもらえるように追いかけてしまったりして、知らないうちに疲弊してしまうんですよね。恋愛以外でも人間関係って一方が頑張るだけじゃ疲れちゃいますよ。ギブ&テイクが大事なのに、女の子に何もプラスの要素をもたらさない、これぞさげちんです。

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。