片思いを諦めるタイミングをカウンセラーさんに聞いてきた

ラブレター

片思いを諦めるタイミング

片思いをしているけれども、報われる気配がないとか、好きだけどどうにもならなそうで諦めたいけれどどうしたら良いのだろうかと悩んでしまう人が結構います。

今回はそんな風に片思いを諦めるタイミングについて悩んでいる人のために、数々の人の悩みを聞いて解決へと導いてきた人気のカウンセラーである、根本裕幸さんにお話しを伺ってきました。

-片思いはいつ諦めたら良いのか?

【根本さんのお話】

「やれることをやったと思ったら自然に手放せるようになります。つまり片思いを諦められない時というのは、一般的には、何かやり残したことがある時が多いのです。

その為、片思いを手放したい、忘れたいと思ったら、やり残したことをやりましょうというようにしています。

また、片思いというか、好きな気持ちというのは、急にゼロになるということはなかなかないと思います。増えたり減ったり、または徐々に減っていくものだと思います。

僕は別に諦めなくても、良いよと思います。でももし白黒はっきりつけたかったら、やることやってスパッと男らしく切りなさいっていう話をしています。

でも、いつも恋していたい女子の場合はそれをやりたくないので。好きな人は常にキープしておきたいわけです。そういう人の場合はだんだん好きな気持ちが減っていくと、新しい好きな人を探し始める時期っていうのがくるようになります。

出会いの場に行ってみようかなって思い始める時が終わりの時期かなって思います。

後は、さっきと同じようにハッキリと振られてくるというのも大事だと思います。無理だって振ってくださいっといって、無理だって断られてもらいましょう。

そういう事をやる時は、怖いので駆け込み寺を用意して、友達に今日ちょっと付き合ってって言って、振られてきた後に行く場所を用意してから行くとか、そういうちょっとフォロー体制を整えておくことが大事です。

これをやる前はすごく緊張していますが、やった後は意外とすっきりしているケースが多くて、だからお勧めしています。その日はめっちゃ泣いたけど、次の日はケロっとしているという話があります。

こういう時は片思いの種類にもよるかもしれないけれど、どっかでダメだってわかっている場合が多くて、要は自分が無理だっていうのを受け入れるきっかけだけが欲しいんですよね。でも、どっかで可能性を見るのが人間なので、その可能性はないんだと彼に振ってと依頼をしてみたりすると良いです。

直接会うのがわかりやすくていいですが、メールのやり取りでも良いですし、電話でもいいんですけど、白黒はっきりつけたかったらそういうことをやった方が良いですよということですね。」

-告白したけど振られてしまった恋の諦め時

告白

「振られた直後は、動かない方が良いと思います。「ちゃんと喪に服せ」といっていますが、よく四十九日っていうじゃないですか。「彼に振られて悲しいよ悲しいよと思っておけ。」というのが、僕の考え方です。

ちゃんと振られて、自信がなくて悲しいところを友達に励ましてもらったりとか、「もうダメ~。」と言ったりとか、そういう一通りの儀式はやったほうが良いと思います。

手早く次に行こうかなと思ったときは、手放しの儀式とかやってみましょう。手放しってよく言っていますが、別れのお手紙を何度も書くとか、自分の気持ちを日記みたいに書いて、自分で自分の気持ちを受け止められるようにその間だけでもしておくようなことをします。

気持ちというのは、外に出さないといけないのですが、友達に聞いてもらうばかりでも気をつかいますよね。だから、自分の気持ちをちゃんと吐き出して、【苦しんで死ねバカヤロー】みたいなことを手紙や日記に書くことも大事ですし、【出会ってくれてありがとう、こういうところが好きでした。私も次の恋に行きます。ありがとう】みたいな感じの別れの手紙を何度も書いてください。

別れてすぐには書かないほうが良いと思いますが、別れて1ヶ月とか2ヶ月とか経った頃に、別れの手紙を書いていくと気持ちの切り替えはし易いかなと思いますね。」

・別れの手紙にルールはある?

「内容的にはどんな内容を書いても良いですけど、最後にありがとうと言うことと、自分の気持ちに正直に、素直に書くということですね。相手に渡す手紙じゃないので、途中で暴言を吐いても良いんですよ。バカヤロー死ね!みたいなことを書いてもいいですし、悲しくて辛くて…って愚痴みたいなのを書いても良いんです。でも、最後にはあなたに会えてよかった、ありがとうという風に終わらせてください。」

というのが根本先生のお話でした。諦められない片思いというのは、自分の中でまだやりきっていないので、あきらめられないというのが印象的でした。


根本裕幸

根本裕幸

1972年9月6日生まれ。静岡県浜松市出身。

フリーのカウンセラー/講師/作家として活動

著書に「本当に愛されてるの?」(2003年、すばる舎、共著)、「女子校育ちのための恋愛講座」(2003年、すばる舎、共著)、「こころがちょっぴり満ち足りる50のヒント」(2009年、共著)、「頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法」(2013年、リベラル社)他多数

ブログ:http://nemotohiroyuki.jp/

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。