江戸時代の遊女に学ぶ彼を引き寄せるおまじないとは

2406055884_5ca711c32f

遊女というのは遊郭にいた恋を売る女性たちなわけですが、男が自分のところへ来ないと稼ぎも減るわけですし、男を引き寄せるために手練手管を駆使するわけです。でも、おまじないという乙女な方法もとっていたようなのでご紹介します。

1:折り紙のカエルに針をさすおまじない

・まず、折り紙でカエルを折る。

・カエルの背中に濃い墨で男の名前を書いて、そこに針を刺す。

・人目のつかないところに隠す。

・彼が来たら人目につかないように背中の針を抜いて川か池に捨てる。

※いくら大事なカエル様でも、紙ですし、失礼ながらゴミなので、川や池に捨てられません。水に溶ける素材の紙でやるならアリかもしれませんね。

2:彼からの手紙や、彼が書いた文字がある紙を使ったおまじない

・彼からもらった手紙や彼の筆跡がある紙を細長く切って、こより状にする。

・それを犬の形に結ぶ。(これが難しい!)

・部屋の箪笥の上や、鏡台の上に彼の家のある方向へ向けておいて、朝と夜に「早く来い!!」と言い聞かせる。

・不思議と彼が引き寄せられてくる。

・成就したら犬は人知れず燃やす。(火事に注意。)

さて、上記の2つのおまじない、みなさん試してみたいと思ったでしょうか?女の子が行うかわいいおまじないっていうより、かなり気合いと念がこもっていますよね。

ちなみに「指切りげんまん」も元々は遊女のおまじないの一種で本当に愛する人には小指を切って届けたというものです。それだけ本気だっていうのが伝えられたら、粋な江戸っ子は受け入れたのでしょうか。現代っ子にやったら通報されてしまう可能性がありますのでご注意ください。

叶わない片思いを叶えたたった1つの方法

好きな人には付き合っている彼女がいました

諦めなくてはいけないと思っていても
好きすぎて諦めることができない
そんな時にこのタロットで運命が変わりました

自分の運命を変えたい方はコチラ

片思いを叶えたい人や、婚活を頑張っている人に、少しでも役にたつ情報を届けられるように日々精進してまいります。